プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スペアリブのマーマーレード煮
昨日、と、ある事情で、時間つぶしの女性雑誌を
コンビニで探していたのですが、、、
どうも、30代私頑張る綺麗なママ系?だったようで。
内容は、近づくクリスマスに向けて、お洒落な、自慢の
ママ友自宅パーティのことばかり。

持ち寄りは、こんな風にとか、リボンで一工夫とか、
ホストのタイムスケジュールとか、
わ、わ、笑っちゃう。
大変、事こまやかな、提案満載。
若いママさん達は、招く、招かれるのも、いろいろ大変なんですねぇ。

でも、人を招くのは、良い事ですよ。
自分を追い込むことができますから。
それを機に、徹底的に、掃除もするし、時間管理も、お料理も
できるわけですから、私は、ストレス解消に、人を呼びます。

これは、大昔の某俳優さんの手持ちレシピ。
豚のスペアリブの煮込み。
前もって、作っておけるので、とっても重宝しています。
スペアリブは、オーブンで焼くのもいいですが、
せっかちな私は、オーブンが苦手です。
じっくり、ゆっくり、、な料理が出来ません。

スペアリブは、生姜のみじん切りと、オリーブ油少しで、
圧力釜に入れ、全面、ごろごろと焼き色をサッと付けます。
そこに、日本酒、醤油、お水、三種を同量。
(お肉が10本くらいなら、50ccぐらいづつ。)
そして、オレンジマーマレードの瓶から、三分の一ぐらい。
どろどろっと、一緒に加え、火にかけます。
(甘めが好きな方は、半量入れてもいいですが、私は、控えめ。)
圧力かけて、回ってから、20分。
あと、放置している間に、ゆで卵を作っておきます。
食卓に出す前、ガーっと、熱くするときに、
ゆでむき卵を放り込み、一緒にころころ。
これを、うずらの卵いっぱいにすると、ちょっと楽しい。

マーマレードの影も痕跡も、全くありません。
が、え、なにこれ?美味しい!って、いうメニュー。
骨付き肉の旨味が、堪能できます。
ジャムを入れることに、最初はものすごく抵抗がありましたが、
逆に、かえって、糖分は、そんなに多くないんじゃないかと。
低糖のを使いますし。

豚肉は、その栄養ももちろん、精神を安定させるビタミンB1が
たいへん豊富です。日差しが弱くなる、冬に向けて、冬季うつに
なりがちな方にも、良質なタンパク質を摂り、気力体力にすぐ
効く、元気印のお料理です。

このあいだ、ちょっとした集まりの時に、このスペアリブと
茶飯のおにぎりを、どーんと用意。
一瞬で、完売です。
パーティに如何でしょうか?


○豚肉   
        涼
        酸、甘、鹹(塩味)
        腎、胃
        
疲労回復、滋養強壮の、アミノ酸効果は、ばつぐん。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト

帆立の七味焼き
昨日は、ミス・インターナショナルを見ましたが、
まぁ、お美しい〜!
おんなじ、人間ですかね?って、人間ですか?ほんとに?
どこをどおしたら、あー育つのか?
何を食べたら、あそこまで、ナイスバディになるのかしらん。
不思議でなりません。

でも、美女たち、けっこう、和食をパクパク。
美味しい美味しいの連発。
外国の方は、割と、和食の味付けの甘っからいのを
好みますね。照り焼き味が、いいのかな。
友人の旦那さんは、アメリカ人ですが、
和食が大好きだそうで、なかでも、
お寿司や、しゃぶしゃぶとか、トンカツとかが、
大好物なんだそうです。
まぁ、そもそも薄切りのお肉の概念がないところからしたら、
日本のしゃぶしゃぶや、すき焼きは、トロけるようでしょう。

これは、某、銀座のお寿司やさんで、でたものを再現。
頼んでもいないのに、板さんが、『あいよ。食べてみ。』
と、手渡されたのは、焼き海苔に挟まった、帆立。
お刺身用の、生の帆立を、両面さっと焼き、中はレア。
お醤油をさっとつけて、七味をふります。
我が家では、京都錦小路の七味、大辛を常備。
ん〜、香りばつぐん。
焼き海苔のパリパリと、貝柱丸ごとの滋味がマッチです。

寒くなるこの時期が、旬の帆立は、
とにかく、タウリンが多く(肝臓にいい)、
ビタミンB12、亜鉛も豊富です。
美肌の為に、帆立ホタテほたて。
(ほら、帆立と言えば、貝殻の久美子ちゃんでしょ。)

お酒のあてに、最高なんですが、こういうものは、
なぜか、子供も好きです。
ちょっと、七味を控えめに、ご飯の前に、
与えておくといいですね。
『うまっ!』とか、言って、かぶりついてますよ。
美味しいものは、教えなければ、味覚は育ちませんから。


○ホタテ    
        平
        甘、鹹(塩味)
        肝、脾、腎、胃
        
海の優秀食材。体内の老廃物の排出にも効果。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング

イタリアン風焼き春巻
女子会続きです。
先日のは、今度は、フレンチでした。
ん〜、面倒な幹事にしてみれば、お店選びも
悩むところでしょう。

最初から、最後まで、けっこう濃厚なメニューで、
結局、デザートを残すハメになりました。
もう、スイーツも受け付けられなくなってきたのかも
しれません。あぁ、重い。


これは、中身は、なんて、言ったらいいのか、
イタリアンなのですが、とても、和洋折衷。
重くないのです。

春巻きの皮を使います。
一枚づつ、はがした春巻きの皮の上に、
ベーコン、チーズ、トマトの薄切りを重ね、
黒胡椒、あれば、オレガノ、マヨネーズ少々を
加え、たとうのように畳みます。
お好みで、コンビーフでも、ツナでもいいかと。

フライパンに、バターと、オリーブオイルを熱し
焼いていきます。両面こんがりしたら、もう出来上がり。
ただ、大きいと食べづらいので、ざっくり切って
ポン酢につけて、熱々をどうぞ。

揚げてないので、そんなにカロリーは高くないです。
中身の割に、とてもサッパリしてるので、如何でしょうか。

チーズは、高栄養食品ですから、
苦手でなければ、是非、摂りたいもの。
チーズは、寒い地方で作られますでしょう。
それは、カラダを温める性質を持ちます。
理にかなっていますね。


○チーズ
        温
        甘
        
完全食品といわれる、栄養価の高さ。カルシウムの吸収もお助け。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング

生鮭の柚子胡椒ソテー
お魚、好きですか?

『お魚、好きー。』とか言うのは、カワイく見せる時に
使うみたいですよ。
近頃の女子は、ホント、肉食が大好きです。ほとんど。

そんな、私は、お魚といったら、お刺身。
実家で、煮魚を、嫌ってほど!食べさせられたので、
今でも、トラウマです。
煮魚は、好きじゃない。
出されれば、戴きますけれどね。
サカナは、お刺身が最高。あとは、せいぜい、
塩焼きで、いいんじゃないか、とか思っちゃう。

でも、家族がいると、まぁ、そんなことも
言っていられないので、作りますけれど。

鮭がありましたので、洋風に。
生鮭です。塩、胡椒してから、小麦粉をはたき
バターとオリーブオイルで、狐色に焼きます。
そこに、白ワイン、又は、日本酒とレモン汁を
ざぁーと、加え、柚子胡椒を溶かします。
蓋をして、少し蒸し焼き。
仕上げに、追加バターと、お醤油をたらし、
味を締めます。

鮭は、『薬食い』と言われるとか。
それほど、低脂肪高タンパクで、捨てるところがない。
栄養満点な、アンチエイジング食材ですから、食べていれば
病気にならないから、『薬食い』なんだそうです。

先日会った、元モデルで、今は社長をしている、
美魔女の友人が、アンチエイジングの事業も、始めたようです。
皆な、『説得力あるよね〜。彼女なら。』と、納得した次第。
この人も、もちろん、食には、ウルサイです。美の為に。

鮭、食べましょう。


○鮭
        平
        甘
        脾、胃
身は赤くても、白身魚!究極の抗酸化食材。

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング

けんちんうどん
朝晩の冷え込みが、本格的になってきました。
ちょっと、ここのところ、集まりがあり、
お出かけばかりが続いていまして、
その全てが、こってり系の洋食だったのです。

たいへん美味しかったのですが、ですが、ですが、、、
どこかで、バランスをとらねばなりません。

年末に向けて、自分の意思ではない食事の機会が増えてきます。
それはそれで、ある意味、幸せなこと。
でも、食べ過ぎで、体調をくずしても、もったいないことです。

いつもの感じじゃないな〜、と、思った時に
作るのは、けんちんうどん。
たぶん、我が家の、体内リセットメニューなんだと思います。

大根、人参、白菜、長ネギ、お豆腐を、豪快に
土鍋いっぱいにして、ごま油で、ざっと炒めます。
牛蒡とこんにゃくは、下茹でしてから、加え、
昆布だし、いりこ出汁、かつお出汁を合わせ、じっくり
柔らかくなるまで、ぐつぐつ。
お醤油、みりん、日本酒、少量の塩で、味を整えます。
このままでもいいのですが、ここに、キノコ類
(シメジ、舞茸、えのき、黒木耳をたっぷり)と、
稲庭うどんを加えます。

今回は、仕上げに、青ねぎを散しましたが、
あれば、セリがいいなぁ。大好き。

胃腸が疲れているとき、良質なタンパク質をもつ、
小麦をとり、エネルギーをチャージしましょう。
一緒に摂る、キノコ類は、免疫力を高めます。
とにかく、びっくりするくらい大量のお野菜が
一食で、摂れるので、おすすめです。


○うどん(小麦)
        涼
        甘、鹹(塩味)
        肺
栄養は、お蕎麦がリード。でも、小麦は変身できるもの多し。

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング

根菜の旨酢炒め
甘酢じゃないんで、甘酢炒めではないし、
なんていうんでしょうね、合わせ酢かな。
旨味入りなので、旨酢、なんちゃって。

秋本番になり、お芋の美味しい季節。
一手間かかりますが、根菜類がたっぷりとれる、
ボリュームのある、おかずです。
酢豚とは、ちょっと違うかな。

根菜っていうと、どうしても煮物中心になりがちですが、
総動員しました。
まず、サツマイモ、ジャガイモ、長芋、蓮根、人参、
彩りに、ピーマン。(ブロッコリーでもいいですね。)

豚ロースの塊を、繊維を絶つよう一口大に切って、ごろごろ。
これに、お醤油、日本酒、胡椒で下味をつけておきます。
お肉には、片栗粉をまぶし、揚げて、根菜類は、がんがん素揚げ。
サツマイモは、絶対外せないー。(あと、蓮根も。シャキシャキ!)
甘みの元ですから、調味料を減らせます。

揚げている間に、合わせ酢を作っておきます。
お酢(米酢、黒酢なんでも)、お醤油、オイスターソース、
黒砂糖、日本酒、みりん、粗挽き胡椒に、少しのお水、
補いにコンソメ顆粒を、合わせます。
量はテキトー。
揚げる材料の量によるので、何ccとか言えません。
全体が、からまるくらいの、カップ半分くらい?かな。
味は、あ•な•たのお好みで。
あまり甘くしないで十分。お芋があるから。

油を始末したお鍋に、揚げた材料を全部戻し、シメジも追加。
強火にかけます。旨酢を回しかけます
豚ロースに片栗粉がついてるので、いい具合に
とろみっぽく、からまりますよ。

野菜の煮物では、副菜ですが、これはメインになります。
繊維質がいっぱいとれるので、お肌にも嬉しいかも。


○サツマイモ
        平
        甘 
        腎、脾
胃腸に優しく、食物繊維の女王。抗酸化作用も。

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング