プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



白菜のクリーム煮
なぜか、白菜だけがお安い。
育ちすぎちゃったのね。暖冬で。

瑞々しい白菜は、和風ものも出番が多いですが、
昨日は、洋風に。
クリームシチュー、、では、ないです。
クリーム煮?かな。

白菜、かなり大量。
水分がでますから、かなりの量でも減るのでOK。
他に人参、きのこ、ほうれん草などなど。

鶏ももと、お野菜を多めのオリーブオイルとバターで、
強火でざっと炒めます。
そこに、追い鰹?じゃなく、追いバター。
とろけるところへ、小麦粉を振り入れます。
バターと小麦粉で、きちんと、ホワイトソースを作っても
いいんですが、短時間で、一鍋で、仕上げるには、
こっちのほうが、全然ラク。
お野菜全体に、お粉をまぶし、バターがからまったところで、
お水プラス、牛乳。
プラス、コンソメキューブをイン。
全部、牛乳だと、重くなります。お好みで。
くつくつ煮込んで、塩こしょー。
とろみは、牛乳で片栗を溶いたものを。加減しましょう。
短時間で、出来ます。とろりんとろりん。

季節のものは、その気候に合っていますから、
体調を整えるために最適です。
白菜は、胃腸に特に優しいので、
万人にオススメ。
牛乳の苦手な方は、豆乳に切り替えるのも
いいですね。


○白菜 
        涼
        甘 
        大腸、小腸、胃
食物繊維とミネラルの宝庫は、美肌の味方。

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト

ロールキャベツ
暖冬で、育ちすぎたキャベツが、ちょっと、お安くなった〜
かと、思ったら、また、値上がりしてきました〜。
ですが、寒いときには、ほっこりロールキャベツでしょー。

トマトソースで、柔らか〜く煮込んだものも
美味しいですが、ウチでは、鮮やかグリーン仕立て。
私が、あまり、とろんとろん系のロールキャベツが好きではない!
と、いう、ただそれだけの事です。

キャベツは、大きく葉っぱをはがしたら、
大鍋で、下茹でします。
お塩が重要。
それを、ぱっぱと、煽いで冷ましたら、
ひき肉タネを。

皆様、合い挽き肉って、お好きですか?
私は、あの、どっちつかずの味が、どーしても納得いかないので、
まず、使わないんで。
好きずきですよね。マイルドなのかもしれません。
とにかく、これは、中は、豚ひき肉タネ。
玉ねぎは、生タイプが好き。

下茹でしたキャベツで、タネを巻き、楊枝で止めましょう。
コンソメを煮立て、ロールキャベツを煮ていきます。
時々、転がして、火を通します。
そして、ここでピンポイント。
火を止め、一回冷まします。
お鍋ごと、ベランダにでも放り出します。

しばし放置して、丸ごと冷めたところで、
また、ゆっくり加熱していきます。
この、時間があることで、味の浸みが違いますから
一手間ですが、冷ましてみてください。

キャベツは、その食物繊維もビタミンA,Cもありがたいですが
なにより胃腸に優しい〜。
ストレス社会の中で、デリケートな胃腸は、
特に影響を受けやすいので、お疲れ君?いやお疲れ気味の
時には、いいですね。
むくみや吹き出物は、免疫力が低下している証拠。
お肌の為にも、そのサインを見逃さず、
自分で『巡り』を良くしていかなきゃ。
食べ物が、アナタを作っていますから。


○キャベツ 
        平
        甘
        肝、胃
        
疲労回復、便秘解消。女子の味方。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
って、松の内ぎりぎり。



あまりに暖かいお正月で、拍子抜けしちゃいますが。
皆様、穏やかに新年をお迎えしたことと思います。
この冬休みは、短かったですねー。お節も31日の夜、
ちょこちょっこっと、作っただけで、済ませました。

黒豆は、丹波の飛切り3Lを、20分で作ります。
圧力釜って偉大だ〜。これ以外の黒豆は炊けません、私。
皆様、ごーじゃすなお重の写真、、、素敵、、
ウチは、それぞれ分を少しづつお皿に。
(じゃないと、取らないんだもの。めんどくさがって。)
後は、お雑煮。

そしてあとはカニカニカニしゃぶ。

ついでに、鶏のつくねも作ったので、ちょっとよけておいて、
お茄子に挟んでみました。
そのまま、豪快に素揚げします。
タネは、うすく挟んだだけなので、転がしていれば、
割と、すぐ火が通ります。
熱々を大根おろしとポン酢で。レモンもムギュっ!

そうそう、つい食べ過ぎのお正月には、大根おろし。
ジアスターゼが効きますね。
冬が旬の大根は、涼性ではありますが、
消化酵素が沢山。加え、ビタミンCも豊富ですから、
解毒作用を頂くつもりで、この時期、組み合わせて
摂るといいでしょう。

家人の実家では、大根おろしだけを、土鍋で煮ます。
はぁ?なんですか?これ?って、思いましたね、最初。
お醤油とちょっとみりん、大量の鰹節。
残りものの天ぷらでも入れてよ、、って、
残ってないから。
揚げろ? は?
それだけの小鍋の為に?
やや、争いの元になります。(笑)
エビ天でも、残ったときには、(残ったときには)作ってあげましょうー。


○大根 
        涼
        甘、辛
        肺、大腸、胃
        
消化酵素の働きで、体内毒素を分解。二日酔いにも。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング