プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



サーモンのモロヘイヤがけ
朝の4時前から、起こされるのはキツいです。
朝方人間の家人は、3時くらいから、起きているらしく
1時間もすると、一人で居るのに飽きちゃって、人を巻き込む。
オリンピックのせいじゃぁないんです。
毎日なのです!!!
こんな、早くから起きてたら、昼間、保たないでしょうに、、、
もう、最近は、5時が朝食で、5時半には、出かけて
早朝の会社で、その日の仕事の段取り済ませて、
後は、気絶しているらしい。
ほとんど、気絶してるか、ネットあさって遊んで一日過ごして
元気よーく帰ってきます。会社にばれないか心配。
(7時の時点で、もう20人くらいは、来ているらしい。)
まぁ、『段取りの○○』と自称していますから、いいか。
ちなみに、私は、『手配師の○○』と呼ばれていた過去。

この連日の猛暑には、体力も消耗します。
暑い国、エジプトで、王様のスープになるモロヘイヤは、
その濃い緑色と、とろとろの食感が、クロロフィルで栄養満点。
キングサーモンに合わせてみました。
サーモンは、お粉はたいて、バターとオリーブ油で、
両面カリッと、塩こしょーして焼く。
モロヘイヤは、熱湯で、湯がいておき、水にさっと、
さらしてから、みじんぎり。

サーモンを焼いた、フライパンに、日本酒ざばぁーっと。
がーっと、熱してアルコール分を飛ばし、そこへ、柚子胡椒を
溶かし、お醤油をたらす。
熱々のところへ、みじんのモロヘイヤを加え、味を吸わせ、
とろとろソース代わりにして、たっぷりかけます。
ぴりっとした辛みが、暑い日にいいですね。
追いバターと、レモンをプラス。
(あ、生鮭の柚子胡椒焼きと同じだわ、ははは。)

サーモンは、赤いですが、白身の魚に分類されます。
鮭は、抵抗力をつけるには最適。
残暑を乗り切りましょう。


○鮭
        平
        甘
        脾、胃
身は赤くても、白身魚!究極の抗酸化食材。

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト