プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


肉巻きおにぎり
今朝の地震には、驚きました。
福島の方、大丈夫でしょうか?
皆様、お気をつけください。

なんだっけ、そう、ありあわせのモノで
なんか作りましょう。
って、ことで、
残りごはんで、肉巻きおにぎり。
山芋添え。

ごはんは俵型に。白ごまを混ぜておくと、
香ばしい。
なるべく小さい方がいいみたい。
お肉は、牛でも豚でも。
巻くと、結構ボリュームがでます。
巻き終わりを下に、ころころと焼いていきます。
出てくる脂は、拭き取っておきましょう。
みりん、お醤油、お砂糖、少し日本酒を先に合わせておき、
一気に流し込みます。
熱々のところに、山芋又は長芋をゴロゴロと。
生で食べられる、山芋系は、さっと火が入ると、ほくほく
しますね。一緒に甘辛にからめましょ。

メインは肉巻きなのですが、
お子様から、大人まで、食べやすいかな。
添えた山芋の効能は、計り知れない。
季節的に、日差しが弱くなる時期。
気分が落ち込む、気鬱には、『気』を補うことが大切。
山芋には、『補気』の効き目がありますよ。
滋養強壮にとろろって言うでしょう。
とろろは、すりおろす手間が、いまいちなので、
ここは、ざくざく切っちゃって、ばんばん使いましょう。

体だけでなく、精神的にお疲れな、アナタ!
山芋を、毎日、続けて食べてみる!
必ず、感じることができますよ。
効き目を。


○山芋     
        平
        甘
        肺、脾、腎
病後の回復期にも、絶大な効き目。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト

蓮根バーグ
天候不順の影響で、お野菜が高騰していますね。
葉ものは、ひどい。
しなしなになりかけのレタスが、半切りで売ってる!
根菜類は、少しましかな。

蓮根を使います。
玉ねぎの代わりに、蓮根バーグ。

ハスは、半量を擂り下ろし、
歯ごたえが欲しいので、半量は、みじん切り。
ひき肉と、お豆腐少し、パン粉少し、卵、お味噌、生姜、お酒等
お好みで、全部をまぜまぜ。

先に、ハスをごく薄く輪切りに残しておきましたので、
輪切りの上に、タネを乗っけて焼くと。

後は、大根おろしと、ポン酢で、食べましょう。
ふっくらの中に、シャキシャキ蓮根が爽やかなり〜。

所謂、和風ハンバーグですね。
小さいおこさんから、お年寄りまで、食べやすいメインになります。

蓮根は、白い。
白い野菜はストレスを軽減し、イライラを鎮めます。
気分が乗らない時、それは、元気の源『気』が、
滞っているせいなのですね。
『気滞』には、白いお野菜で、すっきり、さっぱり
悪い気を、流しましょう。



○蓮根  
        寒 
        甘 
        肺、胃
消化には、ムチンが効く。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング

梅風味の角煮
久しぶりに会った友人が、バームクーヘンを
食べているのを見て、驚愕しました。

この友人、一時期、大変ストイックなベジ生活を
していましたから。
『お菓子、食べるの?どうしたの、にゅ、乳製品だよ!?』
と、訊いてみましたら、
やめたんだそうです。
無農薬や減農薬のお野菜と、植物性タンパク質にこだわり、
お魚さえ、白身をちょこっとくらいで、お肉一切排除。
お砂糖も、乳製品も排除。
大豆タンパクで、唐揚げモドキを作り、そんな風な食事を
家族にも、強要していたところ、
『死ぬ前に何が食べたいか?』の議論になり、
娘に、
『ファミチキ。』
と、言われたそうです。爆

あまりにも、ショックで、考え直したのだとか。
やり過ぎたのでしょうね。

先日、急に、家人が、『角煮作って。』
と、言うので、こっちが、驚きました。
嫌いじゃなかった?っけ?脂身がどうのって、、、
訊けば、梅風味にしてくれとのこと、
作りゃいいんでしょ。

豚、三枚肉は、大きめに切ったら、
フライパンで、全面に焼き色を軽くつけます。
その後、お湯を煮立て、どぼん。
ぐわっ〜と、沸騰させ、全部の水分と余分な脂を捨てます。
圧力鍋に、生姜、長ネギをたっぷり入れ、ここに、梅干し、やや多め。
そこへ、水分を切った、お肉を入れます。
お砂糖、醤油、みりん、日本酒を入れ、
30分、圧かけて、回します。
その後、放置して、ベランダにでも出しましょう。
冷やしたお鍋の中は、
きゃー、真っ白。
溶け出した脂身が固まって、お肉の表面を雪景色のように覆っています。
この脂身を、丁寧に、すくいとります。
ぺろんぺろん、取れるから、面白い〜。

そこから、弱火でくつくつ、また煮込みます。
ゆで卵も放り込んでおく。
梅の酸味で、ふっくら柔らかな角煮。
お肉をがっつりいきたい時、
疲労回復にばっちりな、豚肉で、
ストレスも解消です。

豚肉は、アミノ酸の比率が素晴らしく、
質の高い、タンパク源です。
梅の、クエン酸との相乗効果をいただきましょう。

寒くなってくると、代謝が落ちます。
免疫力も下がりますから、
しっかりと、たんぱく質を摂る事はやはり大事なことですね。


○豚肉
        涼
        甘、酸、鹹
        胃、腎
ビタミンB1含有量多し。気持ちを穏やかにします。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。