プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サザエ
春は好きですが、風だけは苦手。
花粉の季節は、とにかくなんでもかんでも洗いたくなります。
そして、春は解毒の季節です。

もうすぐ新年度だし、春休み中に体内浄化して、
気分をさっぱりさせましょう。
あ、社会人って、春休みのくくりって無いんですね。
そういえば。

我が家では、春はサザエ。
昔、浅草の小料理屋で食べた、サザエのつぼ焼きが
とっても美味しくて、私は、このやり方しか、
つぼ焼きは作らない。
ま、普通は、ダイナミックに、そのまま網に載せて
焼けばいいだけのことですが。

3、4、5月のサザエは、栄養も豊富でいいようですよ。

いろいろなやり方があるようですが、
サザエは、ざっと洗い、小鍋にお水がかぶるくらい入れて
火にかけ、湯がく。
蓋を外し、内径に沿って、ナイフをくるっとさしこみ
捻る様に、身をくるんと取り出します。
身をよく洗い、卵巣・精巣は(渦巻きのところ)
外し(苦いのがお好きなかたはどうぞ)
食べやすいようにやや薄切りにする。
殻は、中までよく洗います。

お出汁を作っておきます。お好みの味で、薄口に。
サザエの殻に切った身を入れ、お出汁を少しづつ入れましょう。
ひたひたくらいに入れて、網焼きにします。
お出汁がぷくぷく熱くなったら、三つ葉を散し、
ひとつかみの塩の上に、そっと置きます。
こぼさないようにね。

うちの子は、幼少の頃から、これで、食べさせてきたので
よそで、食べたら、『苦い苦い!おうちのサザエの方がいい!』
と、わめいてました。
浜で、焼いたらそんなもんよ。それはそれで、ワイルドで美味しい。

殻に下ごしらえまでしたサザエを詰めて、お出汁をペットボトルに入れて
お花見に持っていくんです。
仲間うちでするお花見に、おでん一鍋作って、カセットコンロで
囲むんですが、網も持って行ってね、その場でサザエのつぼ焼きも作るのよ。
お出汁そそいで、焼けばいいので。
まぁ、みんな喜びますのよ。
桜の下で、熱々サザエと、おでんと、ビールにワインに日本酒です。
吞ん兵衛は泣く。

サザエは、肝臓にいいタウリンを含み、
疲れた肝臓の解毒を促します。
気血水で言えば、『気」を補う働きがあるので、
不眠やストレスに対して、優しい効果が期待できますね。
さあ、デトックスデトックス!

この時期、是非、お試しを。



○サザエ 
        平
        甘
        鹹
        肝
        
疲労回復、肝は目にもつながり有り。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト

ひな祭り
大手スーパーに行きましたら、
今日のひな祭り用に、手巻き寿司セットのお刺身が
すごいパックで、がんがん売られていました。
花金?プレミアムフライデーですしね。
おうちで、手巻き寿司ぱーてぃのオタクも多いのでしょう。
それにしても、至れり尽くせりですよ。
9〜12種類くらい、お刺身が、カットされてて、
まあ、近頃の主婦は、何もしなくていいのね。
並べることさえ、切ることもしなくていいようです。
ごはん炊いて、すし飯用意するだけ、、、はぁ。


私の友人の手抜きのすごい子は、
○屋の、チラシ寿司の素買ってきて、
ごはんに混ぜただけで、
『ちらし寿司作った!』と、言っていましたが。
それでも、家庭で作っているのだから、まだ、マシかも。

本日は、忙しかったので、
マグロ入り、ちらし寿司にしました。同じだな、また。
昆布と日本酒をいれて、硬めにごはんを炊いておきます。
にんじん、レンコン、干ししいたけは、甘辛く煮て、
白ごま、セリ、甘酢につけたキュウリなど。
すし酢は、お好みで。私は、気分で割合を変えますが、
お塩、お砂糖に、お酢。
薄焼き卵は、片栗粉を少しいれると、やぶけずきれいに。
海苔は、自分で切りましたから、たぶん大丈夫!

マグロは、わさび醤油に日本酒を滴し、少し浸けたものを、
すし飯に載せます。

マグロは、赤身がいいですね。
動脈硬化を防止する、ミネラルやビタミンEを
豊富に含んでいますから、『血』を綺麗にするために
心して、いただきましょう。
性質は、カラダを温める作用があるようですよ。
良質なタンパク質は、心臓、肝臓にもいいのです。

ご長寿の、きんさん、ぎんさんも、
たしか、毎日、マグロと白身のお魚を
召し上がっていましたね。
用意する、ご家族は大変〜と思っていましたが、
お幸せなことです。


○マグロ 
        温
        甘
        脾、胃
        
動脈硬化予防。血液をサラサラに。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。