プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生鮭の柚子胡椒ソテー
お魚、好きですか?

『お魚、好きー。』とか言うのは、カワイく見せる時に
使うみたいですよ。
近頃の女子は、ホント、肉食が大好きです。ほとんど。

そんな、私は、お魚といったら、お刺身。
実家で、煮魚を、嫌ってほど!食べさせられたので、
今でも、トラウマです。
煮魚は、好きじゃない。
出されれば、戴きますけれどね。
サカナは、お刺身が最高。あとは、せいぜい、
塩焼きで、いいんじゃないか、とか思っちゃう。

でも、家族がいると、まぁ、そんなことも
言っていられないので、作りますけれど。

鮭がありましたので、洋風に。
生鮭です。塩、胡椒してから、小麦粉をはたき
バターとオリーブオイルで、狐色に焼きます。
そこに、白ワイン、又は、日本酒とレモン汁を
ざぁーと、加え、柚子胡椒を溶かします。
蓋をして、少し蒸し焼き。
仕上げに、追加バターと、お醤油をたらし、
味を締めます。

鮭は、『薬食い』と言われるとか。
それほど、低脂肪高タンパクで、捨てるところがない。
栄養満点な、アンチエイジング食材ですから、食べていれば
病気にならないから、『薬食い』なんだそうです。

先日会った、元モデルで、今は社長をしている、
美魔女の友人が、アンチエイジングの事業も、始めたようです。
皆な、『説得力あるよね〜。彼女なら。』と、納得した次第。
この人も、もちろん、食には、ウルサイです。美の為に。

鮭、食べましょう。


○鮭
        平
        甘
        脾、胃
身は赤くても、白身魚!究極の抗酸化食材。

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。