プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大寒つみれ
大寒もすぎ、本格的に冷え込んできました。
こんな時こそ、温まるものを。

豚汁もけんちん汁も、好きですが、昨日は、つみれ汁に。

イワシです、イワシ!手間がちょっとかかりますが、
フードプロセッサー使うだけなので、楽チン。

青魚は、カラダにいいのはわかっていても、
結局、その一手間が、どうにも面倒なんですね。
でも、面倒なら、なおのこと、一回で済ませてしまえば、
後が、楽。

つみれなど、いっぺんに沢山作って、
冷凍しておけばいいじゃないですか。多いときはね。
(って、冷凍するまえに、食べちゃうんですが。)

イワシは、頭と、おなかを取り、手で開き、中骨をとります。
皮をひき、フードプロセッサーへ。
一緒に、長ネギ、生姜、お味噌、お豆腐少し、卵少しを
入れ、ガーっっとしつこく、まわします。

昆布出汁に、大根、人参等を先に入れ、野菜が煮えてから
熱いところに、つみれをスプーンで、落としていきます。
アクをひき、お醤油、日本酒、塩、みりんで味付け。
仕上げ間際に、黒木耳どっさりと、湯がき済みほうれん草を
ご一緒に。七味と、柚子が良く合います。

イワシは、お安いうえに、栄養満点。
カラダの中から、温める作用を持ち、血液自体の
汚れを、綺麗にしてゆきます。血液の中身が改善されれば、
それは、血の巡りがよくなるわけで、老化に密接に結びつく
『腎』の強化になります。
つまり、食べるアンチエイジングここにあり!ってことです。
化粧品よりも、青魚です。


○イワシ
        温
        甘、鹹(塩味)
        脾、胃
        
EPAにDHA、言うことなしの優等生。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。