FC2ブログ







プロフィール

理々

Author:理々

国際薬膳食育師 家庭で作る日々のおかずに、薬膳を取り入れましょう。 それは、美と健康への近道になります。



最新記事



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



アクセスカウンター



最新コメント



月別アーカイブ



メールフォーム

リンクフリーです。 ご連絡いただけたら嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


茶粥
季節の変わり目に、家の者が、風邪をひいたらしく
ぐすぐすいっています。
なんで、こんな時期に!?

夏の疲れが出る頃でもあり、
また、気温の変化の激しい頃ですから、
カラダもいたわってあげましょう。

我が家では、胃腸を休めるときには、
よく、お粥を炊きます。
白粥も美味しいんですが、
茶粥なの。
昔、奈良で泊まった朝、
『大和の茶粥でございます。』と、
出されたのは、もっと、さらっさらっのお茶漬けみたいな
飲み物みたいに薄いものでしたが。

普通に、お米から炊きます。
沸騰したら、お茶パックにほうじ茶を入れたものを
ぽいっといれて、くつくつ。
ある程度、茶色く煮だしたら、パックは引き上げる。
ゆっくりゆっくり、炊き上げ、最後に、塩をひとつまみ。
土鍋で炊くのが、一番です。
じっくり、余熱も使って蒸らしましょう。

お米のデンプンは、エネルギー源として、大きな働きをします。
ビタミン、ミネラル、脂質、糖質、タンパク質を、
バランスよく含みますから、滋養にまずは、お米。
乾燥の始まる、秋に向けて、肺を潤しますよ。

茶粥のお供に、梅、昆布、お新香等も添えて。


○米
        平
        甘
        脾、胃
主体はデンプン、炭水化物は活力の源。
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

fc2ブログランキング
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。